仕事を探す前に知っておきたい「転職のコツ」

転職を成功させるコツは「自分自身を知ること」から!

思うように次の就職先が決まらない皆さん。気持ちだけ先走ってはいませんか? ただやみくもに転職活動していては、せっかくのチャンスも逃してしまうかもしれません。理想どおりの再就職ができるよう、皆さんに転職のコツをお伝えしましょう。

1.どうして転職したいのか、目的を明確にする

転職は人生を左右する大きな出来事。その動機が明確でなくては、転職が成功するわけはありません。なぜ転職が必要なのかを明確に認識することで、転職後のイメージもわくもの。
「現職の環境がいや」、「もっとスキルアップしたい」、「転居のためしかたなく」などさまざまな理由を確認し、転職後の自分がどうなりたいかを明確に持ってください。紙に書くことで気持ちの整理もつきますよ。

2.本当に転職するタイミングかを見極める

いくら転職がしたいといっても、物事には最適なタイミングというものがあります。転職理由が現状への不満である場合は一度冷静になって考えてみましょう。自分自身に問題がある場合は転職しても変化しない可能性もあります。また、個人的理由以外にも、転職先の状況というものも確認したいですね。転職したい業種で求人のある時期、ない時期というのもあります。
個人で客観的に判断するのが難しい場合は、無料の転職サイトなどを利用し、相談してみるのもひとつの手です。希望業種があるのであれば、その専門サイトを利用することで、業界の情報を引き出せるかもしれませんよ。

3.希望条件に優先順位をつける。

転職したい業界、転職したい時期が明確になったら、次は具体的に転職先の条件を決めていきます。希望を曖昧なままに面接をしてしまうと、その場の雰囲気や流れでせっかくの条件交渉のチャンスを逃してしまうかもしれません。せっかく転職をするのですから、自分の希望をできる限り伝えましょう。
しかし、すべての希望条件を通すのは難しいことです。そこで、希望条件を書き出し、そこに優先順位をつけましょう。条件交渉だけではなく、面接の段階で意思をしっかり持っている印象を相手に与えることができますよ。

4.自分自身を振り返る

今まで経験されてきたことが転職先の仕事に直接結びつくかどうかはさておき、培ってきたスキルや積み上げてきた業績について、些細なことでもいいので思い返してみましょう。このとき紙に書いていくと、よりクリアに頭の中を整理できるのでぜひ試してみてください。スキルはあるけど資格を取得しておらず履歴書に記載できない、とがっかりする必要はありません。どうやって前の職場に貢献してきたかを面接時に伝えることができれば、立派なアピールにつながります。
そして何より、自分がやってきたことを振り返ることで、自信を持って就職活動に挑めるでしょう。

以上、4つのことを明確にしておくだけで、あやふやだった方向性がはっきりしてきませんか?
成功する転職は、まず自分を知ることからです。準備ができたら、さあ、転職活動開始です!

おすすめ記事ピックアップ!